2014年3月1日土曜日

Perfetto PALATINO PT1X

最近はシェットランドフォックスばかり履いているので登板機会が減ってしまったのだけれど、思ったよりLGW3001へのアクセスが多い(全記事の中で前月3位)だったので気を良くしてペルフェットのパラティーノ(PALATINO)。
ペルフェットの評判通りのイメージなキャップトウ。

Palatinoとはローマ発祥の地と言われるパラティーノの丘から取っているのかな。レースアップシューズの基本形と言えるキャプトウにこの名前をつけていることからもイタリアンテイストを志向していることがよく分かる。

ロングノーズ、ボールジョイントからインステップまわりの甲の低さ、やや丸みのあるスクエアなチゼルトウとかなり攻めているデザイン。サイドのエッジは初めて見た時「これは箱か!」とツッコミを入れたくなるくらいの絶壁で、同じようにエッジが効いているシェットランドフォックスのアバディーンの上をいく。(ように見える)
73チャーチにこだわりがある人とか、ロイドのホワイトホールが好きな人が見たら視界から外すレベル。

この手のややロングチゼルトウは、一歩間違えると靴だけが主張して、ややもすると安っぽいトンガリ靴になってしまいがちだけれど、パラティーノはそのギリギリのラインを守っているように見える。これがまた細身のスーツによく似合う。

ブランド名の通り、イタリア製グッドイヤーの靴と見た目の方向性が似ていると思う時がある。ストール・マンテラッシみたいな。(言い過ぎ?)
ペルフェットを作っているビナセーコーは海外進出も頑張っているようで、そのフィードバックがあるのか国産靴なのに色気が強い。
フィドルバック、ヒドゥンチャネル仕上げ、凝ったステイン仕上げ、つま先の釘打ちと僕のような初級レベルの靴マニアを喜ばせる仕掛けが随所に見られる。アッパーにイルチア社ラディカを使ったモデルはソールは赤系、それ以外のモデルは茶色系。ライニングもボルドーで、ロゴも格好いい。

最近では「原点回帰」みたいな風潮でショートノーズのラウンドトウが復権しつつあるけれど、そんなことお構いなしにイタ的エレガントを目指す靴。
このペルフェット、LGW3001ではソールの仕上げがイマイチなのに、パラティーノは同じブランドとは思えないくらいとても綺麗に仕上がっている。というか、ここまで凝っているソールはあまり見かけない。土踏まずからかかとにかけての造形はLGW3001に似ているけれど、パラティーノのほうがソール前半分が無駄に凝っている。パラティーノやカンピドリオなど、ローマの丘シリーズ(勝手に命名)はソールへのこだわりが半端ない。
(買った時にとっておいた写真。いまは少しふやけてしまいちょっとみすぼらしいので写真は省略)

足入れした感じでは、冒頭二枚目の写真でも見てわかるくらいボールジョイントのあたりがかなり低めで、これはアバディーンに似ている。インステップガースが低めなので、全体的に足が薄い人向け。僕はシェットランドフォックスのグラスゴーだとほぼ羽根が閉じるけど、パラティーノは1cmくらい開く。甲の高い人だと羽根が相当開くか、下手をすると入らないのではないかな。
トウに向けての造形はアバディーンと似ている。ロングノーズであるけれど必ずしもギリシア型の足向けというわけでもなく、エジプト型の僕が履いても違和感があまりない。ボールガースが小さめなので、ここでしっかり抑えられていれば指先の形はあまり関係ないかもしれない。
外側(小指側)は見た目ほどタイトではなく、こちらもまた捨て寸が多いのでLGW3001よりゆとりがある。やっぱり足長が長い左足のほうが少し窮屈なのだけれど、タコが出来る程でもないのでたぶんジャストフィットなのだろう。

土踏まずは盛り上がりを感じるもののLGW3001ほどではない。(製造誤差かも知れない)
かかと周りはコンパクト。カップも少しばかり小さめなのか食いつく感じがする。ただインステップの底面をやや広く取っているのか「細い」と言われるラストでかかとが小さい靴にありがちな履き口が笑うことが無い。これはペルフェット全体的に言えることで、単純に「細い」ラストではない感じ。このインステップの造形はアバディーンともっとも異なるところに思える。(僕はアバディーンだと内羽根式でちょっと、外羽根式だとわりと履口が笑う)
ちなみにかかとはアバディーンより食いつきがよく、ヒールカップの形状が個人的にドンピシャ感。LGW3001だとかかと外側にアタリを感じるけれど、パラティーノにはそれがない。

とてもメリハリが効いたラストで、ボールジョイントとかかとの三点で足の位置をしっかりと決めて、甲で足に一体化させる作り。いままで履いた靴の中でもトップを争う出来栄え。(最大のライバルはシェットランドフォックスのケンジントン。同じビナセーコー製ですね)

アッパーはもう手に入らないかもしれないイルチア社ラディカ。艷やかで色気のある感じがこれまたこの靴のデザインに良く合っている。

ラディカについては過去にも書いたけれど、メンテナンスを繰り返すうちに何とも言えない艶が出てくる。表面が艶やかなブラックなのに立体的に感じるのが特徴のアッパー。純粋な「深みのあるブラック」ではないので好みが分かれそう。
「水墨画のよう」と言われるその風合いはニュートラルで手入れをし続けると赤みが、ブラックを使うと御影石のような感じになる。手入れ方法よりも方針で悩む革。僕は他のラディカ靴よりはブラックの頻度を上げている。黒くなりすぎた時にニュートラルで少し落とすような感じ。クリームはもはや定番とも言えるサフィールノワールクレム1925。

サイズ感はアメリカサイズと言うよりはイギリスサイズで考えたほうが良いところもケンジントンと似ている。アバディーンよりハーフサイズ下げると近いかも。

シューツリーは当初サルトレカミエSR200を使っていたが正直あまり合っていない気がする。どうしてもボールジョイント内側が足りない。このサルトレカミエSR200、買って1ヶ月もしないうちにバネが壊れた(よほど力を掛けてギシギシいって縮むみたいな)。ハズレを踏んでしまったのだろうけど、国産ブランドでも海外製造は管理がしっかりされていないとやっぱり不良品出るよなぁ。「安かろう悪かろう」とまではいかないにしても「安かろうあんまり良く無かろう」といったところか。ノウハウの蓄積とともにクオリティの向上に期待します。いまのところサルトレカミエならSR300一択か。この靴にはいまはたまたま余っていた同じサルトレカミエのSR100をつかっている。SR200の時よりバネ縮んでいるので、おそらく先頭が少し詰まっているのだろう。その分ボールジョイント周りの革が伸びてシワが目立ちにくくなっている。

LGW3001の時も書いたように、ペルフェットはいい靴なのだけれど、入手が困難なことが問題。
僕はたまたま東京に住んでいるので、イセタンメンズでもWFGでもクインクラシコでも行けば試着もできるし買うこともできる。丸の内や有楽町、神宮前に行ける人なら通販じゃなくて店頭での試し履きがオススメ。靴は三次元の構造なのに長さ以外で選択できる余地がないので、買うべきか否かのポイントとなる甲の締め付け具合や指先の自由度、かかとのつかみ具合は履いてみるまでわからない。
よく「日本人の足型」なんて平気でいう人がいるが、そう言う人が着ているスーツは身長だけではなくドロップも選んだのではないだろうか。「日本人の体型」なんて言って、スーツのドロップやウエストサイズが1種類になることはないんだし。
靴の場合はウイズ設定が1種類しか無いことが多く。そのラストが「合うか、合わないか」しか選択基準がなくて、いくら気に入ったデザインでも合わなければ諦めるしかない。僕はクロケットアンドジョーンズのオードリーやベルグレイヴは最高に格好良い靴だと思うけれど、337ラストだと履口が結構余る。国産ではシェットランドフォックスのアーバインはデザインど真ん中だけど、やっぱり合わない(これはサイズを上手く選べばいけるかもしれない)

ペルフェットは通販でも買えるので、一度自分に合うサイズがわかれば同じラストのものなら買い増しは試着なしでもできる。ただやっぱりラストが違う新しいデザインを通販で買うのは勇気がいる。同じペルフェットでもレギュラーモデルとクインクラシコのダブルネームとでは全くラストが違うので同サイズでも参考にならない。レギュラーモデルどうしでも甲のフィット感は違うので試し履き無しに買うのは勇気がいる。シェットランドフォックスでもケンジントンとアバディーンとアーバインとでは同サイズでも全く参考にならないのと同じ。(これは工場が違うので当然と思うけど、ラストはリーガルが作っているんだろうし)

そしてもうひとつ。
この靴は格好良い靴なのでローテーションに入れにくい。
ビスポークチックな攻めたデザインでおまけに艷やかなラディカといかにもな靴なので、真面目なビジネスシーンよりも合コンとかパーティに似合いそう。(いまとなっては縁のないシチュエーションだ...)

ビジネスユースの観点では、同じラディカならシェットランドフォックスの501Fのほうがノーズが短く嫌味がないし、逆に同じロングノーズなら3055SFのほうがアッパーの主張が控えめで使いやすい(考えすぎ?)。
パラティーノは同じモデルで革違い(たぶんデュプイかウエインハイムレダー)があるので、そっちのほうがビジネスシーンでは使いやすいかも。

この靴はビジネスシューズというよりはドレスシューズ。やっぱり場を選ぶよなぁ...

----


61 件のコメント:

  1. はじめまして。
    シェットランドフォックスのアバディーンorペルフェットのパラティーノorソフィス&ソリッドの購入を検討しております。
    そこで恐縮ですが下記項目についてご意見お聞かせ頂けますと幸いです。
    ◾️確認項目
    ①上記3種で順位を付けるとしたら、どれが1番でしょうか。
    ②ペルフェットはWFG、クインクラシコ、各種百貨店、オリジナルと多岐に渡ると思いますが、パラティーノはどちらで購入されましたか。
    ③ペルフェットオリジナルはどこで購入出来ますか。やはりWFGorクインクラシコでしょうか?
    ④ユニオンインペリアル、スコッチグレインのインペリアルブラックやベルオムブラック、42ndロイヤルハイランド等も国産メーカーで革や作りが良くコスパが高いと聞きましたが、シェットランドフォックスやリーガル、ソフィス&ソリッドを購入された理由があれば教えて下さい。
    ⑤リーガルの01DRCDはコスパ高いと私も感じましたが、シェットランドフォックスやペルフェットを購入出来る資金源がお有りな中、あえてリーガル01DRCDの購入を決心された理由があれば教えて下さい。

    長々と、また唐突な質問で本当に恐縮ですが、革靴の好みがピッタリ私と重なってると感じた為、是非今後の買い揃えに参考にさせて頂きたいと思いご連絡致しました。

    ご返信お待ちしております。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      僕の理解する限りの回答になりますが、個人的な意見をベースに書いてみます。

      1.どれもいい靴だと思います。僕自身はいちばんペルフェットのパラティーノが足に合います。なので、1番はパラティーノ、ということになりますが、この靴は少しドレスっぽさが強いのでビジネスユースにはアバディーンのほうがいいかもしれません。アバディーンはソールも減りにくいですし、履いた感じはパラティーノに近く、(好き嫌いはありますが)ロングノーズもきれいです。意外とアッパーも丈夫な感じしますし。ソフィスアンドソリッドは先のふたつに比べると少し幅が狭い感じがあります。ただ、包まれているような独特の履き心地は他では得られません。アバディーンと同じボカルーなのですが、こちらのほうが少ししっとりとした仕上がりです。ソールは少し滑りやすいです。
      2と3.パラティーノはクインクラシコで買いました。レギュラーモデルがどこで買えるかはあまり詳しくありません。スミマセン。伊勢丹や阪急あたりでもおそらくパラティーノと同ラストっぽい靴は見かけました。
      4.どこで買うかはあまりこだわりが無いので、なんとなく気に入ったものを買っています。リーガル系で買うのが多いのは、なんとなく昔からリーガルで靴を買っていたというくらいの理由です。ユニオンインペリアルは一度試し履きしてみたら甲が緩すぎて止めました。インペリアルブラックは一度買おうと思ったことがあるのですが、なんとなく銀座のスコッチグレインの雰囲気が自分と合っていない感じがして止めました。靴そのものは良さそうな印象を持っています。
      5.リーガルの01DRCDは一目惚れです。形や試し履きした感じ、アッパーの質感などが気に入りました。高い方向では価格は気になりますが、安い方向はあまり気にならないので、気に入ったモデルがあれば買うというパターンといったところでしょうか。

      ご参考になれば嬉しいです。

      削除
    2. ご返信ありがとうございます。
      いろいろ検討、試着等をしてきて現在5択という状況です。
      この中で近々2足購入しようと考えていますが、デザインや革の質感、2足買いを考えると、どれがオススメでしょうか。
      紺とグレーのスーツ両方に合わせられる物、という条件で、アバディーンのダークブラウンのストレートかセミブローグ、グラスゴーのブラウンのクォーターブローグかダブルモンク、ダークブラウンのダブルモンクが候補です。
      私のスタイルは比較的クラシックなスーツスタイルで、仕事柄何も制約はありませんが、正しいスーツスタイル、正しい靴の知識と履きこなしが出来ればと勉強中の30代です。
      是非背中を押して頂きたく、宜しくお願いします。

      なお、履いた感じではどちらもフィットし出来れば10年以上付き合いたい、と考えています。

      削除
    3. すでにお手持ちの靴はどんな感じでしょうか。
      いままでのはいったんおいておいて、という前提で僕が思う感じで書いてみます。頭のカタイ人という前提で読んでもらえればと思います。

      クラシックなスーツスタイルであればブラックでもいいかもしれません。ストレートチップ(キャップトウ)であれば黒一択な気がします。逆に、黒でないものという点が基準であれば、ブローグ系のほうがいいかなと。アバディーンのセミブローグはワインカラーなので、ベルトなどトータルコーディネートにお金がかかるかもしれません。僕はクラシックなスーツスタイルなら明るめより暗めの色をチョイスします。

      デザインは、やっぱり正統なスタイルを目指されるということですので、紐靴を僕はお勧めします。モンクはベーシックな紐靴をそろえたうえで変化をつけたいときに買う靴といった印象です。長く履くことを考えても、アジャスタブルな紐靴のほうがよいかなと。

      もしこの中から2足を選ぶとすれば、僕なら「アバディーンのブラックキャップトウ(色が変わっていますが)」と「アバディーンのワインカラーのセミブローグ」になります。
      グラスゴーももちろん悪くないのですが、ブラウンのブローグは少しリラックスした雰囲気なので、クールビズ時の崩しスタイルやジャケパン系といった格好のほうが似合う気がします。

      とはいえ、最終的には直感勝負でいいのではないかと。やっぱり気に入って買ったものだから大切にもできるし、履くのが楽しくなるのだと思います。仕事柄の制約がないとのことなので場の雰囲気に合ったものであればいいのかなと。いまはスーツにライトブラウンでも業界によってはOKみたいですし。

      靴を買う前の「どれにしようかなー」と思っている時って楽しいですよね。お気に入りの靴を買ったらお手入れも楽しみになるので、「そう言われてもやっぱりコレだわー」と思う靴を強くオススメします。

      削除
    4. ご返信有難う御座います。
      うーむ、やはりと言いますか、本当に的確なアドバイスに感謝の気持ちでいっぱいです。
      ライトブラウン、やはりダークネイビーのスーツには少々アンマッチですよね。
      もう少し視野を広げた場合、上記ご自身の場合の2アイテムを含め、下記をランキングして頂くとしたらどういう順序になりますか?
      ①グラスゴーブラックストレート
      ②グラスゴーブラッククォーターブローグ
      ③グラスゴーダークブラウンダブルモンク(ベーシックな紐履が既に揃っていて少し変化を付けたい場合)
      ④グラスゴーブラックダブルモンク(上記④と同様の場合)
      ⑤アバディーンブラックセミブローグ
      ⑥これら以外で甲低幅狭国産オススメメーカーがあればそちらも

      私の相棒達は、ブラックストレート(スコッチグレインでユルユル涙)、ブラックセミブローグ(スコッチグレインでユルユル涙)、ブラウンパンチドキャップ(ジャランスリウァヤで現在たった2年弱使用でソール外側剥がれでコルク丸見え修理or廃棄検討中)、ライトグレーブラウンの様なサイドレースストレート(ジャランスリウァヤ)、ライトブラウンのジョッパーブーツ(アルフレッドサージェント製リーガル)、赤茶ガラスUチップ(雨用リーガル)といった感じです。
      ブラック2足以外、まともにビジネスユーズ出来る靴が無いため、奮発して2足買いを検討しております。

      削除
    5. すでにブラックのストレートチップとセミブローグをお持ちであるという前提で僕の好みをややいれてみると
      1. グラスゴーブラッククオーターブローグ
      2. アバディーンブラックセミブローグ
      3. グラスゴーブラックダブルモンク
      4. グラスゴーブラックストレートチップ
      5. グラスゴーダークブラウンダブルモンク
      といった順でしょうか。

      クオーターブローグはビジネスシーンではカッチリ系から少し崩したところまでなかなか使い道があるので、1番目に選びました。
      アバディーンのブラックセミブローグを2位に持ってきているのは、甲低幅狭靴をお探しのところをふまえ、フィット感重視の靴を選びました。少しロングノーズではありますが、クラシックなスタイルに合うと思いますのでいまお持ちの他にもう一足あってもいいのかなと。
      ダークブラウンのダブルモンクの順位を下げているのは、正直使いづらい靴かなと思っているからです。ビジネスシーンではブラックのほうが安心ですし、モンクストラップはキレイ目スタイルに合うと思うので、となるとかなり上品なジャケットスタイルでないと靴が浮きそうです。(単に僕には「難しい」だけなのかもしれません)

      ブラックばかりになってしまいましたが、ビジネス向けのクラシックスタイルということになるとやっぱりこの色かなぁと。長い目で見ると今後も靴を買い足されると思いますので、まず5足くらいまではブラックと向き合うのも良いかもしれません。

      甲が低くて幅が狭いとなるとソフィスアンドソリッドが思い浮かびます。この靴はアバディーンより幅がタイトです。ペルフェットのパラティーノも結構甲は低いです。(僕は同ラストのカンピドリオをいつか買いたいと思っています)両方とも入手できる場所が限られているのが難点ですが、甲が低い人向きの靴という感じがしています。

      ところで、アルフレッドサージェント製リーガルをお持ちなんですね。このシリーズって良かったなぁといまでもときどき靴を磨きながら思います。

      削除
    6. なるほど、とても参考になる貴重なご意見を頂きありがとうございます。
      まずは基本の黒を前提に、アバディーンかグラスゴーで揃えてみようかな、と思い始めております。

      ちなみにフォーマルなストレートチップ(結婚式等)という視点で見たとき、アバディーンよりもグラスゴーの方がおとなしいデザインから向いているかな?と感じていますが、チプリアの革質が少し毛羽立った感じでカジュアル寄りに見えないか心配です。フォーマルなストレートチップという枠の中でしたら、ソフィス&ソリッドもありでしょうか。こちらは造り、革質が分からないので、シェットランドフォックスの方が造り込みが上手ならと、選択肢から外しておりました。

      ところでペルフェットのカンピドリオ、実は2年前からバーガンディーを狙っていましたが、購入を決意した今年の春頃には既に廃盤と言う事で落胆していました。黒ならまだwfgで入手可能なのでしょうか。あの靴の色気と完成度の高さ、素敵ですよね。

      アルフレッドサージェント製リーガルは実は最近正体を知りまして苦笑
      20代前半に覗いたアウトレットで半額になっていたのを、靴の善し悪しも知らない若造の私に拾われてしまったのです笑
      今ではとても良い買い物をしたと、自我自賛してます。

      削除
    7. あくまでビジネスシーンを中心という前提になりますが、ブラックはどんなシーンでも外すことの少ない安心の定番だと思っています。

      確かに、デザイン的にはアバディーンよりグラスゴーのほうがおとなしめです。ただ、アバディーンも実際に履いてみるとグラスゴーと大きな違いがあるかと言われるとそれほど感じません。(僕は鈍感です)
      アッパーの感じからすれば、チプリアはクリームを厚めにすればかなり艶やかな感じになるので、それほどカジュアルな感じではない印象です。お手入れをサボると擦り傷が目立ったりパサついた感じになったりしますので、結構マメなメンテが必要になる靴です。一方ボカルーはさすがに採用実績が多いだけあって、この価格帯の靴として見れば丈夫さと艶の出かた、しわの入り方など、トータルで満足度が高いです。個人的にはボカルーに軍配をあげています。

      ソフィスアンドソリッドは特殊な作りのため10年後はどうかというと疑問は残りますが、決して作りは悪くないと思っています。同じボカルーでも当たりだったのか、履くほどにしわが細かくなり、艶が出てきました。細くて先が少し尖った感じは好みがわかれるかなと。

      こだわりだすとラウンドトウやショートノーズのセミスクエア以外は選べなくなってしまいますので、ストレートチップ(キャップトウ)を選ばれるのであれば本当に好みでいいと思います。
      ちなみに僕自身は結婚式などパーティーの色合いが高い時はパラティーノかアバディーンのキャップトウ、改まった席ではエジンバラかインバネス、不祝儀系はREGAL TOKYOのローラの出番が多いです。
      イルチアのカンピドリオは欲しかったなぁといまでも思うことがあります。WFGのホームページをみるとウェインハイムレダーをアッパーに使ったブラックならありそうですが、見に行ったら欲しくなるので控えています。

      削除
    8. ご連絡有難う御座います。
      ドレスシューズ選び、かなり迷走しております。
      黒をメインにしつつ、デザインカテゴリー毎に候補を絞ってみました。
      ご迷惑でなければ、このカテゴリー毎にそれぞれご自身が買うとしたら、というランキングをお願い出来ますか?
      既に黒ストレートチップとセミブローグを持っている前提で。
      もしご面倒でしたら返信は不要ですが、同じ系統の靴の好みを持つ弟子の悩み、聞いて頂けると嬉しく思います。

      クォーターブローグカテゴリー
      ・グラスゴーブラック
      ・ソフィス&ソリッド

      セミブローグカテゴリー
      ・アバディーンブラック
      ・カンピドリオブラック

      ストレートチップカテゴリー
      ・グラスゴーブラック
      ・アバディーンブラック
      ・ソフィス&ソリッド
      ・スコッチグレイン インペリアルブラック

      茶系カテゴリー
      ・アバディーンワインセミブローグ
      ・ペルフェットワインセミブローグ(カンピドリオのブローグデザインのみ多少違うタイプ)
      ・ソフィス&ソリッドダークブラウンクォーターブローグ

      ダブルモンクカテゴリー
      ・グラスゴーブラックストレートチップダブルモンク
      ・ソフィス&ソリッドブラックプレーンチップダブルモンク

      以上、今後ラインアップ追加を図っていく中で、長期に渡り参考にさせて頂ければと思います。
      何度も繰り返しのご相談となり大変恐縮ですが、是非宜しくお願いします。

      削除
    9. 順番をつけるとするとかなり好みが入ってしまいますので、一般的なクラシック王道というよりは僕の単純な好みとして読んでもらえればと思います。

      クオーターブローグ(パンチドキャップトウも含む)のカテゴリーは迷いますが、いまお持ちの靴がある前提で僕が買うならグラスゴーを選びます。グラスゴーは手入れの仕方に少しコツがあるものの、靴そのものは履きやすく、またクオーターブローグにも似合うデザインだと思っています。ソフィスアンドソリッドが独特の履きごこちは捨てがたいものの、これからベーシックな靴をそろえて長く履いていくと考えると、修理や耐久性など未知数のものが多いので、クオーターブローグのような定番カテゴリではどちらかというとサブの選択になるのかなと。ちなみに、アバディーンがフィットする足だと少し緩いはずですが、最近のパンチドキャップトウの傑作はREGAL TOKYO W588DHではないかと思っています。こういうモデルが限定なのが残念です。定番でいえば02DRCDもいいですね。あと、今回のリストとは傾向が違いますがRENDO R7702も長く履けるモデルだと思います。

      セミブローグならまずカンピドリオを1番に挙げます。僕の足にフィットするという理由が大きいですが、作りのこだわりとロングノーズの中では嫌味にならないエレガントさがあります。いまお持ちのセミブローグとデザインの傾向が違うと思いますのでよいかもしれません。僕も欲しいです、コレ。
      僅差でアバディーン。この靴はやや異端なロングノーズデザインということを除くと、きわめて優等生的な国産靴ではないかと思っています。カンピドリオは別格として、セミブローグにはラウンドトウが合うような気がするのでシェットランドフォックスならインバネスも好きです。

      ストレートチップはいろいろなブランドで出ていますので、正直迷います。ラストが合うならばインペリアルブラックがいいのかなと。写真で見る限りでは凛としたたたずまいを感じます。長さも嫌味のない程度に見えるのでまさに冠婚葬祭で活躍できる靴ではないかと。次いでアバディーン、グラスゴー、ソフィスアンドソリッドという順でしょうか。長い目で見て「冠婚」だけではなく「葬祭」まで履きまわすことを考えるとグラスゴーのほうがよいかもしれません。

      茶系はあまり得意ではないのですが、このみでいえばソフィスアンドソリッドのダークブラウン、アバディーンのワイン、ペルフェットのワインという順でしょうか。ワインはイタリアブランドあたりの靴を見ると結構格好良いと思う一方で、なかなか上手にコーディネートするのが難しそうで個人的には手が出しにくいです。いつも僕はアーバインが足に合えばこのセミブローグがベストだよなぁと思っています。いま一番茶系でほしいなと思うものはペルフェットの3002かなと。あと茶系といえばやっぱりイルチアのラディカは良かったと思います。このカンピドリオを買っておけばよかったなぁ...

      ダブルモンクは人様に語ることができるほどの素養がないので正直わかりません。個人的にはソフィスアンドソリッドのほうが好きかなという程度です。どちらかというとインバネスのようなシンプルなモンクストラップのほうが好みです。(若いころ履いていました)

      こんな感じでしょうか。
      あくまでも好みに基づいたランキングです。どの靴を買っても満足度は高いと思います。ぜひ買って履いてみたら感想を教えてください。

      削除
    10. この度シェットランドフォックスのグラスゴークォーターブローグ黒とアバディーンセミブローグワインを買いました。
      いろいろ悩んだ結果、今後買い足していく事も踏まえた選択でしたが、決定打は丁寧にアドバイス頂いた師匠のお陰、本当にありがとうございます。
      ソフィスアンドソリッドは踵が緩く、インペリアルブラックも先細り過ぎて永く履くことは困難と判断しました。
      肝心の履き心地ですが、まずはグラスゴー。
      こちらはチプリアの革質に少し不安がありましたが、育て甲斐のある面白い革で、足馴染みも良く履いていて全く不快な点が無い、素晴らしい靴だと思います。費用対効果は抜群ではないかと。
      次にアバディーン。
      こちらは実はまだ揃いのワインカラーベルトを手に入れていない為、家の中で軽く歩いた程度ですが、私の足にはピッタリで、主張し過ぎないエレガントなチゼルロングノーズが気品に満ちていてとても気に入っています。
      これから大切に履きながら、次はカンピドリオと西武ペルフェットのカンピドリオに似たワインカラーでペルフェットを狙いたいと思います。
      グラスゴーのダブルモンクも相変わらず好きですが。
      それにしてもグラスゴーのトゥは本当に良く削れますね苦笑
      師匠は次は何を狙ってらっしゃるのでしょうか。
      最新の気になるドレスシューズ達をまたBlogで紹介頂けるのを楽しみにしております。

      削除
    11. グラスゴーのブラッククォーターブローグとアバディーンのワインセミブローグ、ど真ん中の組み合わせですね!

      ブラックのクオーターブローグってビジネスシーンでとても使いまわし易いデザイン、ワインカラーであればキャップトウよりもセミブローグのほうがはるかに似合うと思っています。私ももしワインカラー買うならアバディーンセミブローグになると思います。
      グラスゴーに採用されているチプリアは、ボックスカーフとは質感が違いすぎますし、お手入れにも結構気を使うところがあるので厳しい評価を受けていることが多いですが、仰るとおり、早くから足馴染みが良くなり、履きやすさという点において私も好印象を持っています。それに、グラスゴーって靴のデザイン格好良いですし。確かにつま先はかなり勢い良く減りますね。私はつま先は修理すればいいという割り切りで気にせず履いてしまっています。

      ワインカラーのセミブローグっていいですよね。勝手な思い込みとして、これをブラックのクリームで手入れして少しトーンを落としたら恐ろしく格好良くなるのではないかと。ただ、斑になったりうまく色が乗らなかったりと難しいのかなぁ。

      インペリアルブラックは先細りでしたか。私は履いたことがないので、とても参考になりました。来年はPのデザインではない方のカンピドリオか2235NAか、REGAL TOKYOオリジナルの九分仕立てラストを使った既製靴あたりを狙っています。ただもうしまう場所がないのでカミさんはあきれています。

      ところで、「師匠」と呼ばれるとなんだか気恥ずかしい感じです。私は業界関係者でもなんでもないただの靴を履くのと磨くのが好きな素人ですので。いつも多くの先達から学ぶことばかりです。

      削除
    12. アバディーンはしばらくニュートラルのクリームで様子をみてから少しずつ手を加えていきたいと思います。
      デザインはグラスゴーが鼻差で一歩リードですね。
      私も西武で見たカンピドリオのPではないものに惹かれていますが、師匠はどちらで購入予定でしょうか?やはりカンピドリオのデザインは格別に格好良いですね!
      業界関係者ですと同じシチュエーションで履いている感じが湧かないのでイマイチピンとこない部分がある事もありますが、師匠のBlogは本当に手に取るように伝わってくるので大変参考になります。
      これからも更新情報楽しみにしております。

      削除
    13. そうですね。私もやっぱり最初はニュートラル派です。
      カンピドリオはやっぱりWFGかなと思っています。先日、同ラストのパラティーノをお手入れしていて、やっぱりペルフェットはビスポークチックなデザインで、細かいところまで手が込んでいるなとしみじみ思いました。
      いくつか下書きしているネタはあるのですが、書いては直して、また付け足して削除してみたいな感じでなかなか公開するところまで辿り着いていないのが現状です。(オードリーや白シャツネタもいまだ完成していませんし、そもそも完成するのだろうかコレという感じで文才のある方が羨ましく思うばかりです)
      あまり更新頻度は高くないですし、ネタも主観的なものばかりですが、今後もときどき更新していくつもりですので気に入っていただけたら嬉しいです。

      削除
    14. 最近日本製を好まれている様に拝見しておりますが、一点お聞きしそびれた事があります。
      三陽山長の靴も評判は良い様に思いますが、師匠の候補に挙がらない理由がありましたら教えて頂けますか?
      費用対効果だけで候補から外されているとも思えず、また私が数日前よりクロケット&ジョーンズのオードリーやベルグレーブを気になりだしてきた事もあり、是非ワンランク上のブランド(価格帯)についてのご意見をお聞き出来ればと思いコメントさせて頂きました。

      クロケット&ジョーンズ、高いですがやはり素晴らしいでしょうか?
      337ラストはもちろん、348ラストのHALLAMも素敵だなぁなんて思いながら、色々なサイトを覗いています。

      削除
    15. コメントありがとうございます。

      三陽山長が挙がらないのは、よく見たこともないし履いたこともないという単純な理由です。新宿伊勢丹でチラッと見た程度なので、7万円近い靴を人様にオススメするのもヘンですし。ただ、R2010ラストの形はすごく好きです。もう少しお金持ちだったら一度は履いてみたいです。もし、冠婚葬祭からビジネスまでオールマイティなキャップトウを一足だけ気合を入れて買う、なんて状況であれば友二郎は最高ですね。ビジネスユースなら同じ(?)セントラル製のRENDOでもいいのではないかという気がします。もっとも、僕が7万円出すならケンジントン2買ってしまいそうです。

      ベルグレイヴは最高に格好いい靴だと思いますが、アバディーンがフィットする足だと合わないのではないかという気もします。337ラストはつま先が少しタイトである一方で足首周りはかなり大きく取っている形状ですので。一歩間違えると紐付きスリッパになりそうなくらいです。新宿伊勢丹にあるベルグレイヴ3はかかと周りが小さめと言われているものの、やっぱり足首周りはスカスカでした。靴そのものは惚れ惚れするくらい格好いいし、アッパーの質感もしっとりとした高級感があります。

      僕自身は4~5万円台の靴が身の丈に合っている(というか身の程上限)であると思っているので、より上位のクラスは欲しいなぁと思いつつ、やっぱり01DRCDもいいなぁと思って今週も磨いています。

      削除
    16. なるほど、納得であります。
      良いのは確かなんでしょうが、確かにそのクラスを所有するにはそれ相応の気合が必要ですね(笑)私の場合は、ですが。
      ベルグレイブ、ベルグレイブ3どちらもやはりスカスカですか。とても参考になりました。これで私もますます日本製にのめり込んでいきそうです。
      グラスゴー大変気に入っているし、次はパターンオーダーも面白そうですね。
      今まであまり調べた事が無かったのですが、同じ買うならケンジントン2という師匠のお言葉からも、ケンジントン2、やはり素晴らしい靴なんでしょうね。
      ところで01DRCDも履いた事ありますが、甲が結構高くスカスカな印象を受けましたが、師匠も薄足とお見受けする中、許容範囲内どころか気に入られているのは結構意外な気がします。
      お持ちのグラスゴーやインバネス、パラティーノと比べてもズバ抜けて甲高ではありませんか?
      私も足に合えば即購入していたであろう、魅力的な靴だと思います。

      削除
    17. 01DRCDはインバネス、パラティーノと比べると確かに甲というか全体的にゆったりした感じです。見た目も意外とデカイですし。特につま先に近い一の甲は結構ゆとりがあります。インバネスと似た形ですが、一日履いていると指周りが明らかに違うので、少し大きめの作りになっていると思います。

      年明けからエジンバラ、グラスゴー、インバネス、アバディーン、01DRCDの順で履いてみたところ、エジンバラは少し緩い、グラスゴーはやや二の甲が緩め、インバネスは小指外側と薬指先端がやや当たる(夜に向かって痛くなる)、アバディーンは外側がやや当たる(長時間歩くとやや痛くなる)、01DRCDは気持ち緩い気もするけれど甲はしっかりとフィット、という感じでした。(全て同じサイズ)
      私はグラスゴーだときつく締めて羽根がちょうど閉じるか閉じないかというあたりですが、01DRCDでも同じような感じです。むしろグラスゴーより二の甲あたりは足に合っている気もしていて、それほど甲が高い印象がありません。全体的に平べったい足しをしていますが、足長に対して足周があるので(計測上はEEです)なんとかなっているのかもしれません。

      昨日はケンジントン(古い方)のフルブローグを履きました。やっぱりこれは押さえるべきところを押さえつつも、指を痛めるような押さえ方をしない素晴らしい靴です。インバネス、グラスゴーよりハーフサイズ落として履いていますが、全長の足りなさをまったく感じません。ケンジントン2の改良が私にとってプラス方向なのか否か興味がありつつも、5万円を超える靴となるとなかなか手が出ません。

      個人的にはグラスゴーのクオーターブローグをウエインハイムレダーで作ってみたいなぁと思っています。また、今年は茶系もありかなとは思っているのですが、ビジネスシーンでは意外と使いにくいですし、かと言ってプライベート用ならスエードなんかも興味出ちゃっているし、よく考えたら靴を買う原資もあまりないしでさてどうしようかと思っているところです。こういう時が結構楽しいんですよね。

      削除
    18. 最近気になっていた三陽山長の友二郎、友之介、ペルフェットのパラティーノを試してみました。
      友二郎も友之介も全体的にタイトで、グラスゴーより甲が低い、というよりも足囲自体が一回り小さい印象で、アバディーンと同レベルってとこですね。ただ、踵は非常に小さいのですが左右2箇所の硬い芯が出っ張っていて、数歩歩いただけで我慢出来ませんでした。あの硬さは時間を掛けても慣れる気がしません。また、とても軽い為程良い重さを求める私には残念ながら向かなかった様です。アッパーはドイツ製と言っていたので、ワインハイムレダーの可能性が高いでしょうか。実際に試して正解、シェットランドフォックスやペルフェットの方が私には合っている事を再確認出来ました。
      ペルフェットはカンピドリオが生産中止?の様で、今はパラティーノのみの展開との事でした。残念ながらサイズは1.5インチ以上大きいサイズをガバガバで試したので何とも言えませんが、作り、素材、木型は秀逸でアバディーン同様足にフィットしそうでとても良い印象を受けました。
      パラティーノならやはり黒が欲しい所ですが、半年以上生産が遅れている様で、パターンオーダーなら優先生産してくれるとの事。
      今はアバディーンのブラックストレートチップ、パラティーノのブラックストレートチップパターンオーダー、ケンジントン2のブラックストレートチップ、グラスゴーのブラックダブルモンクのいずれかを手に入れたい衝動に駆られております笑
      アバディーンの履き心地は文句無し、初のペルフェットも間違いなし、ケンジントン2は秀逸間違いなしですがデザインが少し大人しくもう少し人間的に成長してからが良いか、グラスゴーのレベルソダブルモンクも捨て難い、そんなこんなで毎日モヤモヤ楽しみながらも苦しんでいる今日この頃です。
      あと一足購入したらしばらく休憩するつもりですが、師匠、私はこの4つの逸品のどれにすれば良いのでしょうね?笑

      削除
    19. コメントありがとうございます。

      山陽山長のラストはかかとの感じなんかも僕のRENDOと似ている感じですね。カンピドリオは生産中止ですか。これいい靴なのに何でだろう... 今年の候補に入っているのですが、前倒ししようにも今年は自由になるお金も少ないしなぁ。

      この中から僕が選ぶならパラティーノでしょうか。ウェインハイムレダーあたりで作ったらかなり格好いい靴になりそうだなという気がします。いまお持ちのラインナップからするとケンジントン2も変化がついていいかなとは思うものの、もう少し後、という感覚をお持ちなので後々の楽しみにとっておいてもよいと思いますし。

      僕はパラティーノはアバディーンよりハーフサイズ落として履いています。パターンオーダーされる場合はサイズ表記にとらわれずゲージ靴でよくサイズを試されるとよいと思います。可能ならクインクラシコや西武、伊勢丹、阪急メンズ館などで似たようなデザインでサイズを確かめることをお勧めします。ビナセーコーは表記サイズに対してやや大きめになる場合がありますので。

      削除
    20. やはりパラティーノですよねぇ。自分の中で答えは出ていた様な気がしますが、師匠に言われるとまず失敗しないという安心感がありますね。
      パターンオーダーの際、ウェインハイムレダーが第一候補ですが、イルチア ラディカの後継であるゾンタのムラ感も捨て難いと感じております。
      一つお伺いしたいのですが、これらの候補達は耐久性は決して悪くは無いと思って良いでしょうか。アッパー素材、構造から複数回のオールソールを視野に入れた場合、どれも同程度の頑丈さと思って良いでしょうか。
      ケンジントンのハイブリッド構造のみ、やはり複数回のオールソールに難有りなのではと心配が残る一方、週一回のローテーションで外回り営業では無い為それほど心配する必要も無いのではという気もしています。
      耐久性の観点からもパラティーノは問題なく、且つアッパーはムラ感のあるゾンタよりもウェインハイムレダーが間違いなしって事でしたら、パラティーノに決定かなと思います。
      ゾンタ、どう思います?

      削除
    21. 横浜そごうでもペルフェットのパターンオーダーがある様で、気になるのは以下のサイトによるとイルチアやゾンタも選べる所です。
      http://s.ameblo.jp/yokohamasogoshoerepair/entry-11980063203.html
      まだ見に行ってないのでこれらの革がブラウン系のみなのかブラックもあるのか分かりませんが、もし、イルチアラディカとゾンタとウェインハイムレダーが全て選べたとして、デザインもパラティーノのストレートチップとカンピドリオのアデレードセミブローグが選べたとしたら、師匠ならどんな組み合わせにして最高の一足をオーダーしますか?
      正直WFGのパターンオーダーよりも割高な価格設定に戸惑う反面、イルチアラディカも選べるとしたらと思うといてもたってもいられません笑
      今回の究極の一足は、予算度外視、革に拘り、大切に大切に履く相棒になります。ブラックストレートチップの一択で検討しておりましたが、カンピドリオと同様のアデレードセミブローグが選べるならと迷っています。
      何よりも決めきれないのがアッパーで、私はスコッチの国産キップとシェットランドフォックスのアノネイ、チプリアしか経験がなく、イルチア、ゾンタ、ウェインハイムレダーのブラックでどれが良いのか調べても調べても結論が出ません。
      師匠、どうかこんな未熟者を助けてやって下さい笑

      削除
    22. 耐久性については正直良くわからないところもあって、厳密に比較すると大きな違いがありそうな気もしないでも無いですが、ちゃんとブラシをかけたりクリームを適度に塗っていればさほど気にすることも無いと思います。私なら直感的に気に入ったものを買ってしまうと思います。
      ペルフェットのリペアはまだやったことがなく、確証はないまでもふつうのグッドイヤーウェルテッドなので大丈夫なのではないかと。基本OEMメーカーって相手先からの品質水準を厳しく守るはずですし。

      もしこの3つから候補を選ぶなら、ブラックであればラディカでパラティーノか、ウェインハイムレダーでカンピドリオかなと。ラディカの独特なムラ感と光沢は今しか手に入らないと思うので、こちらが優先でしょうか。キャップトウ(ストレートチップ)に合うと思います。また、ウェインハイムレダーとゾンタはこれからも手に入れる機会はありそうですし。
      ただ、ラディカのパラティーノってビジネスだと少し浮きますので(私の場合だけかも)、どちらかと言うと特別の日に履く靴という位置付けです。希少性があるからという理由で考えましたが、イルチアがどうのという背景が無ければ、極めてボックスカーフらしいウェインハイムレダーが好きで、こういう素材でクオーターブローグ作ったら格好良いと思っています。

      このそごうの記事を見る感じだと、イルチアかゾンタの茶系でカンピドリオ作っても格好良さそう。ムラ感のある素材は茶系だとブローグに合うような気がしています。写真にあるようなコンビの靴、シェットランドフォックスでも30周年記念モデルで出していましたね。こういうの一足あるとカジュアルに便利だし、うーん、見ればみるほど欲しくなるものが増えますね。

      削除
    23. 色々悩みましたがゾンタでストレートチップをPOして参りました。
      基本デザインにパラティーノが無くオーソドックスなストレートチップ(サイドのみ甲からラインのあるタイプ)だった為、特別にパラティーノデザインでソールも飾り釘有りのピッチドヒール仕様をお願いしました。
      出来上がったらまた感想をご報告します。
      本来の師匠のBlogの目的とは違うかもしれませんが、とても親切にアドバイス頂いた身として、せめてその感動を共有させて頂ければと思います。

      削除
    24. ゾンタのパラティーノ、格好いいと思います。
      基本デザインで用意されていたのはLGW3001みたいな感じのものでしょうか。せっかくのPOであればペルフェットっぽいモデルが欲しくなりますね。パラティーノのデザインはアッパーに何を使っても独特の雰囲気を持った靴になりそうですし。結構こだわりのオーダーとお見受けします。

      ペルフェットのPOについてはなかなかネット上でも記事にしている人もみかけませんし、ぜひできあがりましたらその感想を、またしばらく履いたらその感じを教えてもらえたら嬉しいです。

      ちなみに今日はLGW3001を履いています。同じビナセーコーだし見た目も似ていたのでケンジントンと同じサイズを買いましたが、履き心地は全く違っていて当初マメはできるわ皮は向けるわで履きたくなくなる靴でした。2週間に1度くらいの頻度で1年くらい経過した頃からなんとか履ける靴になり、その後は2週間に3回くらいの頻度でさらに半年経過したくらいでいい感じのタイトな靴になりました。

      削除
    25. 基本デザインはLGW3001と同じでしたが、ラストはカンピドリオやパラティーノと同じロングノーズの箱の様な攻めたモノでした笑
      ただ、やはりパラティーノと同デザインが欲しかった為、無理を言って特別にリクエストを叶えて頂く事になった訳です。
      ゾンタは初挑戦ですが、イルチアの後継としてどの様な味があるか、今から楽しみです。
      約3ヵ月首を長くして待つ事になりますが、完成しましたら出来上がりと履き心地をレポートさせてください。
      私もサイズはアバディーンのハーフインチダウンでドンピシャでした。

      削除
    26. なんでパラティーノのデザインが用意されていないんでしょうね。
      パラティーノとカンピドリオのデザインは他社が真似できないペルフェットらしさがあるように思っています。ロングノーズが嫌いな人は絶対に手を出さない領域とは思いますが、これはこれで有りですよね。
      ぜひ出来上がったら靴そのものの感想とか、アバディーンとの比較とかいろいろ教えて下さい。

      削除
  2. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
    返信
    1. スミマセン。
      コメントを承認制にしているため、反映までに少し時間がかかってしまいます。
      せっかくいただいたコメントにしっかりと返信を書きたいので、掲載されるまで時間がかかることがあるかもしれません。出来る限り早めに書くようにします。
      これからもよろしくお願いします。

      削除
  3. はじめまして。
    いつも拝見しております。
    靴に興味を持ち始めた20代です。
    ペルフェットが好きでよく履いているのですが、いまいち、パラティーノやカンピドリオがどういうものかわかりません。
    デザインが違うということでしょうか?
    ラストは違えど、デザインが同じならおなじくパラティーノとか?
    無知で申し訳御座いません。
    ご教示くださいましたら幸いです。
    横浜そごうのPO、見に行きましたが、イルチアがありましたが、あれは旧イルチアなんでしょうか。
    話しかけてきた店員さんに聞いても曖昧な回答でした。
    残念です。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。

      パラティーノとはロングノーズのキャップトウ(ストレートチップ)モデルで、ちょうどこの記事で書いている靴です。僕の記事のパラティーノは旧イルチアのモデルですが、アッパー素材違いのものが存在しているようです。

      カンピドリオとは、パラティーノと同じラストのデザイン違いのブローグモデル(アデレード型ブローグ)です。キャップ部分にPをあしらったメダリオンが付いているものとついていないものがあります。こちらもアッパーの素材違いがあったと思います。
      他にもブラインドフルブローグのモデル(確かアバンティーノ)とか、その他のモデルもあったと思います。

      ペルフェットは同じラストでもデザインごとに名前を変えています。なので、パラティーノと言ったらストレートチップのデザインしかなくて、同じラストでもデザインが違えば名前が変わります。
      一方でシェットランドフォックスは同じラストならデザインが違っても同じ名前で呼んでいます。なので、ストレートチップのアバディーンと、セミブローグのアバディーンというものが存在します。なんだかややこしいですね。

      今回のそごうPOは結構興味ある人多いみたいですね。ネットでも気になるという発言を結構見かけましたし、この記事にコメントをいただいているJackさんは先日オーダーされたそうです。僕も素見しだけでも行きたいなと思いつつ、最近は休日出勤ばかりで見に行けていません。せっかくのPOなのに選択できる素材の十分な説明が無いというのは確かに残念ですね。ペルフェットのPOを選ぶような人っていろいろこだわりがあるはずなのに。

      ペルフェットをお気に入りとのこと、ぜひ履いてみてどんな感じがしているかなど教えてもらえると嬉しいです。これからもよろしくお願いします。

      削除
  4. 返信ありがとうございます。
    私は現在、ペルフェットは3足所持しており、WFGで購入したものには、1210PALATINO Aと記載があります。
    残り2足は小田急でセールになっていたものを購入しました。
    小田急(別注だそうです)の2足のほうがWFGより先は尖っており、
    うち1足は、旧イルチアラディカだと店員さんはおっしゃっていました。かなり明るい茶色のものです。もう1足は黒なのですが、ワインハイマーだとおっしゃっていましたが、怪しいです。若干ムラがありますので、同じ旧イルチアなのかも?
    と、よく知りもせず履いております。
    小田急別注は尖っているので、ハーフサイズあげましたが、少しゆるい気もします。
    まぁ、セールなのでサイズがなくて妥協したというのもあります。
    ですので、今回のPOは楽しみにしていたのですが、残念でした。
    Jackさんはよい店員さんにめぐり合えたみたいですね。
    出来上がりの靴が私も楽しみです。
    阪急メンズでは、デザイナーのかたが来店されるときもあるようです。
    そのときにこだわりを伝え、理想のものを作ってみたいですね。
    シェットランドフォックスも気になっているのですが、いかんせん、私の足が
    けっこうな甲薄、幅狭なため、しっくりくるものがあるのか、情報収集しています。
    いろんな情報をいただけると幸いです。

    返信削除
    返信
    1. WFGのものはまさにパラティーノですね。小田急別注も素材は結構こだわりあるみたいですね。確かに私の知るウェインハイムレダー(ワインハイマー)の黒はいかにもボックスカーフという真っ黒な仕上がりなので、ムラがあるということは違うかもしれません。
      甲が薄くて幅が狭いという足ということですが、パラティーノが合うようであればシェットランドフォックスのアバディーンあたりも合うかもしれません。この靴はかなり甲が薄いので。私はまだ未体験ですが、ブリストルもかなり甲薄らしいです。

      Jackさん情報によると場合によっては用意されたデザイン以外も受け付けてくれそうなので、いつかこだわりのカンピドリオか、LGW3001をベースにパンチドキャップトウ作ってみたいなぁなんて思っています。

      削除
  5. shimonさん
    横浜そごうでPOしたJackと申します。
    ペルフェットのラインアップに関する説明はShoeAsteriskさんのコメントを参照頂くとして、今回のPOの選択肢に入っているイルチアは旧イルチアのラディカカーフでビナセーコーで所有する最後のイルチアストックと認識しています。
    ただ、既にブラックは在庫無し、ブラウン系とその他のみの様です。
    代わりに私もオーダーしましたゾンタは各色取り揃えている様で、旧イルチアラディカの後継としての位置付けである事が再認識出来ました。
    当の商品に関する詳細の知識に関しては、店頭スタッフの対応は仰る通り少し不安の残るものでした。
    しかし丁寧かつ親身にこちらのリクエストを確認頂き、製造元のビナセーコーと交渉頂いた姿勢は私なりにとても満足のいくものでしたのでオーダーを決心しました。
    知識・価格面ではWFGのPOが有利かと思いますが、今月横浜そごうのみの限定ペルフェットが入荷予定との前情報からも、ビナセーコーとの関係性の深さを伺えた為、安心してオーダーする事が出来ました。
    ペルフェットをお好みのshimonさんの所有されているモデルとその感想も是非お聞かせ頂ければと思います。
    私はペルフェット初デビューの為まだまだ未知数な点があり、またペルフェットを愛する方、興味のある方にその感動を共有頂ければ、より一層の国産良靴普及に繋がるのではないかと思います。

    返信削除
    返信
    1. 貴重な情報ありがとうございます。

      ブラックのラディカはやっぱりもう無いんですね。ビナセーコー製と言われるケンジントン2はゾンタという噂がありますが、このPOの内容をみると、やっぱりゾンタ確定かな。

      ペルフェットについてはネットでもあまり情報が無くて、デザイン違いの履き心地とか、経年でどう変化するかという点も興味があります。こういう情報を共有できたらいいですね。

      削除
  6. なんと、shimonさんもパラティーノをお持ちなんですね!
    尖ったペルフェットは今回の横浜そごうのPOで選べるもう一つのラストと恐らく同じかと思います。
    お二方ともイルチアラディカとは羨ましい限りです。私の方はニューフェイスのゾンタに関して、靴が出来上がったらご報告致します。
    ところで横浜そごうの限定ペルフェットですが、デザインは2パターン、LGW3001の様なシンプルなストレートチップとホールカットワンピースにゾンタが標準と言っていた気がします。このゾンタ、革自体の値段が張るのか、恐らく5万円前後の価格設定になるのではと仰っていました。
    shimonさんは甲薄幅狭との事ですが、私もそれに加えて踵が細い華奢な足型の様で、なかなかフィットする靴に巡り合う事が長年出来ませんでした。
    今週シェットランドフォックスのグラスゴーとアバディーンを履きましたが、改めてシェットランドフォックスの作り込みの良さを感じました。
    こちらのBlogを書いていらっしゃる師匠に色々アドバイスを頂きシェットランドフォックスに辿り着いた訳ですが、グラスゴーは羽根がほぼ閉じジャストフィット、アバディーンは羽根が5〜10㎜開いてより一層のフィットを得られています。
    どちらもまだ10回程度しか履いていないのでこれからの変化が楽しみです。
    師匠も仰っておりますが、
    ペルフェットに関する情報は本当に少ない為、これからもこちらのBlogにお邪魔して様々な情報交換を是非お願いしたいと思います。
    そういえば今月か来月、WFGでペルフェットのPOが開催される様ですね。しばらく靴は買えないのに、ワクワクしてしまいます。

    返信削除
    返信
    1. きょうはアバディーンを履いていますが、やっぱりフィット感はいいですねこの靴。どちらかと言うとタイト志向なのでキツメを履いていますが、足がしっかりホールドされているような独特な感覚があります。

      ペルフェットってネット上でも情報少ないですね。POまでやっているのだから、それなりの数は出ているとは思うのですが、履きこんだ人のレポートはあまりなく、自分で購入するときも何度か履いて、最後は自分の勘を頼りに購入を決めました。
      今回のPOについても、やっぱり現場で実物を見てきた人のリアリティある話にはわくわくしました。これからもよろしくお願いします。

      削除
    2. Jackさんの今回のコメントが時間差で2件登録されていまして、ほぼ同じ内容で書きなおされたかと思い、こちらのみ公開しましたがよろしいでしょうか。

      削除
  7. ShoeAsterisk様
    やはり、ワインハイマーではないようですね。情報ありがとうございます。
    どちらのタンナーでも構わないのですが、大切にはいていこうと思います。
    履かないと意味はないので、観察用にはしませんが。
    Jack様
    返信ありがとうございます。
    やはり旧イルチアだったのですね。
    次のオーダーでみかけたときは焦げ茶でオーダーしてみたいと思います。
    横浜そごう限定気になりますね。いつ入荷なのでしょう。
    私の所持しているペルフェットはピッチドヒールではないのですが、
    オーダーするときは絶対ピッチドヒールにします。
    きつめでと注文つけて。
    ペルフェットで語れる人がいないので、ここで盛り上がってしまっていますが、
    よろしいのでしょうか。

    返信削除
    返信
    1. タンナーがどこであれ、気に入った靴ならいいですよね。靴は履いてなんぼという点、全く同感です。

      それぞれのタンナーごとの味付けの差はあれど、私もその靴の用途とかデザインとの調和で決めればいいのかなと。タンナー名はある意味品質の担保だとか、私みたいな素人にとっての安心材料な意味合いもあるのでそれはそれで重要な情報かも知れませんが、それよりも大切にお手入れして履きこまれ、磨きこまれているということのほうが遥かに大切なのではないかと思っています。

      ペルフェットに限りませんが、ちょっとしたこだわりを実現できるPOっていうのはいいですね。コメントをいただくと、自分では気づかない履き心地だとか、ラインナップの情報だとか、本当に参考になってより視野が広がります。

      プロのライターさんが書く靴の記事は、それはそれで参考になるのですが、実際に自分で購入し、長い間履いている人の意見もまた貴重な情報ではないかと。ぜひこれからも気づいたことがあったら教えてください。

      削除
    2. すみません。
      コメントが承認制のため、Jackさんとshimonさんの間でコメントが少し前後してしまっていることをお許し下さい。

      削除
  8. すみません、コメントを作りながら寝てしまった為、てっきり未投稿かと思い重複投稿してしまいました。失礼致しました。
    横浜そごうの限定ペルフェットは確か今月中旬頃だったかと思います。
    時間があれば私も見に行きたいなと思います。何しろ、全国で横浜そごうだけの特別モデルと言っていましたので、かなり力の入った商品である事は間違いないかと。
    ブラウン系のペルフェットも色気抜群で素敵ですね。夏のクールビズとかに合わせたら間違いなくキマるでしょう。
    是非shimonさんもPOを試されたらお聞かせください。

    返信削除
    返信
    1. 今年はクールビズにジャケパンでも取り入れてみようかと思っていますが、そうなるとまたそれに合わせた靴が欲しくなってしまいますね...

      ペルフェットであればカンピドリオのようなロングノーズモデルも良いのですが、3002のようなラウンドタイプもいいかなぁと思っています。いつになってもクインクラシコさんの在庫復活しないので、このモデルも廃盤になっているのかもしれないし、ペルフェットはやっぱりPOで買う靴、という感じでしょうか。

      削除
  9. 横浜限定2月中旬頃ですか。
    末に横浜行く予定があるので、そのときに見れたらという感じです。
    ジャケパンは会社がNGなのでスーツに合わせる専用なのですが、なるべく個性あるものにしたいですね。
    クインクラシコさんは最近はあまり力入れてませんね。
    WFGさんのほうが力いれてますよね。

    返信削除
    返信
    1. ペルフェットはなんだかPO中心っぽいですね。
      直営店ないし、ホームページあたりでPO受け付けてくれたらいいのになと思います。
      スーツ中心であればパンチドキャップトウとかブローグあたりで変化をつけるのもいいなぁと個人的には思っています。
      WFGは銀座しか行ったことが無いのですが、やっぱり一度は神宮前ですかね。欲しいもの増えすぎそうで心配ですが...

      削除
    2. ホームページは作りこんでないですからね。OEMとかの関係で難しいのでしょうか。
      私もWFGさんは銀座しか行ったことがありません。
      神宮前って最寄駅から少し離れてるみたいなので、どうしても行くタイミングがつかめません。
      WFGさんでおいているFUGASHINというものがあるのですが、
      店員さん曰く、ビナセーコーさんが関わっているとのことです。
      ボロネーゼ製法みたいです。

      話は変わりますが、ペルフェットにあうシューツリーを探しています。
      手持ちのペルフェットは先が尖ったロングノーズタイプなのですが、
      サルトレカミエ、コルドヌリ・アングレーズ等、どれがしっかり合うのか、情報が中々無いですね。
      ShoeAsteriskさんはSR100をお使いとのことですが、いかがでしょうか?
      おすすめのものがあれば教えていただければ幸いです。

      削除
    3. そうなんです。ついでに立ち寄る場所でもないので、WFGに行くという目的が無いとなかなか行けないんですよね。ボロネーゼ、ですか。ボロネーゼ式グッドイヤー製法といわれるソフィスアンドソリッドを履いてみると、やはり包み込まれるような何とも言えない独特の感触は一度はいたら病みつきになる人がいる気持ちがわかります。なんとなくですが、マドラスのパターンオーダーのMOSSも見た目がビナセーコーっぽいのですが、だとするとマッケイも作っていることになり、いろいろ対応できるファクトリーですね。

      うちではロングノーズのパラティーノにはサルトレカミエSR100を入れています。SR200ではボールジョイントあたりの幅が足りない感じがします。このあたりは靴のサイズとツリーのサイズバランスにもよると思います。ひょっとすると僕は薄い足ですが横幅があるので(実測EEです)、それに靴があってきたためツリーも若干幅広タイプがあってしまっているのかもしれません。コルドヌリ・アングレーゼはペルフェットには少し甲が高いと思います。あと、このツリーって同一サイズでもサルトレカミエより一回り大きい感じなので、初購入であればサイズ合わせができる店頭をお勧めします。

      削除
    4. ソフィスアンドソリッドはまだ履いたことありませんね。
      今度見にいってみます。
      ペルフェットの見た目も好きなので、はまればいいのですが・・・
      マドラスはどうなんでしょうね。全く情報がありません。

      実はサルトレカミエ、コルドヌリ等、先日、店頭でみてもらいました。
      やはりSR100が一番あっていました。
      スレイプニルやトレーディングポストオリジナル等、まだ試していないので、今度試してみようと思います。

      いろいろと情報を教えていただきありがとうございます。

      削除
    5. ペルフェットはロングノーズで一瞬細く見えますが、ボールジョイント周りはそれほど細い印象はないので、SR100の方が合うといったところでしょうか。スレイプニルは試したことがないので、もしフィッティングがわかれば教えてもらえると嬉しいです。ちなみにソフィスアンドソリッドは細いので、こちらはSR200が合います。

      ツリーに関してはほとんど情報が無いですね。サルトレカミエのR&Dさんは結構情報発信している方だとは思うものの、靴って無限に種類があるようなものだから、なかなか自分のほしい情報に出会えないこと多いです。私は甲の革が伸びるようなツリーが好きで、少しパンパンになることを意識して入れていたのですが、ケンジントンの専用ツリーの感じをみると、必ずしも甲を中から押してしわを伸ばすという感じではなく、反り上がった靴を本来の形に戻すことで自然にしわが伸びるというのが正しいツリーなのかなという気がしています。

      削除
  10. ペルフェットはオリジナルの生産が全く追いついていない様で、PO対応に追われている印象ですね。恐らくPOの優先順位を高く位置付けている事、PO需要が増加している事から、オリジナルは半年から一年程度の遅れの様です。
    ところで、スコッチグレインからNewデザイン、パンチドキャップトウのインペリアルブラックⅡがデビューしてますね。インペリアルブラックがポインテッドトウで先細りによる詰まり感があった為残念な思いをしましたが、今回のラストはセミスクエアにEウィズのパンチドキャップで、シューツリー込みの51,840円はとてもお買い得だと思います。試し履きはしておりませんが、革質の良いスコッチグレインからコレはと思える新デザインが出てきて嬉しく思います。
    今履いているオデッサもどきのセミブローグがくたびれたら候補に考えてみようかな。
    ペルフェットで盛り上がっている中、お邪魔しました。

    返信削除
    返信
    1. なるほど。確かにペルフェットはあちこちでパターンオーダー会があるので、OEMも作っていることを考えると、自社ブランドの既成品は後回しになりそうですね。

      スコッチグレインのインペリアルブラックII、これは私も気になっていました。キャップトウのインペリアルブラックとラストを変えてきたということは、少しターゲットを変えたということでしょうか。個人的にはもう少しラウンドなトウが好きなのですが、十分ストライクゾーンなデザインで気になります。いまスコッチグレインを買うならコレかなと。確かにツリーを別に買うと5,000円以上するので、ラストにあったツリーが込みでこの値段は良心的ですね。先日ソラマチで50周年モデルをみました。時間がなくて試し履きできずに残念。こちらも、ブラックがあったらなと思いました。

      削除
  11. 私は先日オーダーしたペルフェット(カンピドリオと同ラスト)のサンプル品にサルトレカミエSR300を試し入れしてしっくりきたため、先走ってシューツリーのみネットで注文してしまいました。やっぱりSR100が正解だったかなぁ。

    スコッチグレインはとにかく丈夫で革質も良くソールも強固な実用ビジネスシューズだと感じますが、踵が大きくオデッサシリーズのEウィズでも私には甲高で残念な思いをしてきました。
    しばらくは貯金に励まないといけませんが、欲しいと思える国産良靴がまた一つ増えて嬉しいですね。

    返信削除
    返信
    1. サルトレカミエは若干SR300の方がつま先コンパクトな感じがしますがSR100とそれほど差がない気がします。大切な靴にはネジ式のほうが気分的にも良いですし。サルトレカミエはバネの品質があまりよくない印象があるので、どちらかと言うと私もSR300派です。

      スコッチグレインって、ビジネスシューズとして見た時はおそらくいい靴なんだろうなとは思っています。修理も郵送でできるし、なんだかんだいってもあの価格でアッパーの質が良いというのは企業努力だと思います。ラストを削ることができるのは会長・社長だけと書かれているので、ふつうに考えたらただでさえ経営判断という時間のかかる業務をやっていて、仕入やらモルトドレッシングの実演をやっているのでは、ラストを昼夜研究している他社さんには履き心地ではかなわないのではないかなと思い、いままで手が出ていませんでした。
      もし今回のインペリアルブラックIIが、そんな不安を一掃してくれるモデルだといいなと期待しています。時間を見つけて試履してこようと思っています。

      削除
    2. ペルフェットはその百貨店ごとの別注を卸しているイメージです。
      小田急しかり、阪急しかり、そごう、西武しかり。
      そごう横浜限定は見てみたいですね。
      POとは違うのですが、その別注でサイズ展開がない場合、
      例えばサイズ6 1/2から展開している場合でも、頼めば6を作ってくれるみたいです。同価格とのことです。納期はけっこうかかるみたいですが。

      JackさんはSR300を購入されたのですね。
      ネジ式のほうが高級感ありますよね。私もSR300を候補にいれてみます!

      スコッチグレインは幅広のイメージがあって試したことがなかったのですが、Eウィズのものもあるのですね。直営店で見てみたいと思います。
      輸入靴もいいと思うのですが、国産良靴も良いですよね。

      削除
    3. そう言われてみれば、伊勢丹でも阪急でもレギュラーモデルとちょっと違った靴が売られていました。
      記憶では西武や伊勢丹では少しデザインがアグレッシブで、阪急はなんとなくアッパーの質感がイマイチだったような。
      サイズを頼めば作ってくれるというのは貴重な情報です。ありがとうございます。気に入ったデザインがあれば既成品価格で手に入るんですね。こんど売場でよくみてみます。

      SR300も価格差はそれほどでも無いですし、十分候補になると思います。バネが壊れる心配もないので長く使えると思います。

      国産靴は海外のものに比べて全体的にコンパクトというか、華奢な足向けで、私の足に合うので最近は専ら国産靴ばかりになってしまいました。最近発売開始されたものは全体的に細く薄くがトレンドですね。個人的には幅はふつう、甲は低くが好みなので、今回のインペリアルブラックIIはそんなコンセプトっぽいので興味があります。

      削除
  12. どうもお久しぶりです。
    WFG銀座店さんでペルフェットのパターンオーダー会が開催中ですね。
    今回特別に別木型もオーダーできるみたいですね。
    オーダー可能な革のイルチアが茶色のみになってますね。
    横浜そごうのときは、茶色、濃茶もあったんですが。黒はかなり前から無くなってますけど。
    やはりイルチアは人気なんですかね。
    阪急メンズでオーダー会があるときに濃茶でオーダーしたかったのですが・・・
    ShoeAsteriskさんは他におすすめの革はございますか?

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。

      おすすめの革といわれると、意外と自分ではどのタンナーも好きな気がします。
      最近は履きこむとなかなか柔らかくなる黒の国産キップも好きですし、かという一方でウェインハイムレダーのきめ細かなつややかさも好きです。
      イルチアの茶がラディカであればこれもまた間違いなくおすすめです。安っぽさを全く感じない自然なムラ感は独特です。ラディカは黒、茶、ベージュを持っていますが、なかでも茶色がいちばん満足度が高いです。

      W10BDJを購入して国産キップの底力を感じたので、いずれは焦し仕上げの国産キップでオーダーしてみたいなと思っています。

      ただ、きめの細かさはヨーロッパタンナーによる日本に入ってくる革のほうがよさそうなので、こちらのほうがオーダーの満足度は高いかもしれません。
      個人的・現実的に買うことができる線としては、やっぱり黒ならウェインハイムレダーのボックスカーフ、茶色ならアノネイのベガノかなと。

      欲しいものだらけで困ってしまいます。

      削除
  13. ゾンタのパラティーノが予定より1カ月早く出来上がったので昨日受取に行ってきました。
    無理言ってPOメニューには無かったパラティーノデザイン、ソールフロントの飾り釘と刺繍模様を含め、仕上がりにはとても満足しています。
    ゾンタはイルチアラディカの後継と言われるだけあり、師匠の仰る水墨画の様な独特の黒がこれからの経年変化を楽しみにさせてくれます。
    足を入れただけの試し履きですが、アバディーンのハーフサイズダウンは足全体を面で締め付けるタイトフィットで、踵の形状も文句無し、アバディーンよりも履き口は笑わないと思います。
    羽根の開きもアバディーンで5mmのところ、今回のペルフェットでは約1cm近く開き、甲薄である事を再認識させられます。
    まだ外を歩いた訳ではありませんので何とも言えませんが、現時点での感想はアバディーンよりも更にクラシカルな、キチッとしたフォーマルな靴ではないかと思います。
    いずれにしても少々割高なPOではありましたが、初のペルフェット、そしてPOと言う事で、今後勝負の場面で大切に長く履いていきたいと思います。
    師匠、細かな質問に丁寧に応えて頂き本当にありがとうございました。
    良い買い物が出来たと幸せな気持ちで一杯です(笑)

    返信削除
    返信
    1. ついに出来上がりましたね。さっそくのレポートありがとうございます。

      パラティーノは締めるところを締めてくれて、私としてはかなりお気に入りなラストです。
      薄めだけれど幅は狭くない足にはドンピシャフィットではないかと思っています。確かにアバディーンより履き口が笑わないですね。

      やっぱりペルフェットはソールの異常なまでのこだわりが良さでもあるので、くぎ打ちは大正解だと思います。で、これがまた削れて靴のも一興であるのですが。

      私もパラティーノはここ一番の靴で、最近では登板機会が少ないのですが、あまり履かないのもかえって靴に悪そうで、ときどき履いてはていねいにブラッシングしています。

      いい買い物ができてよかったですね。POは自分で選ぶことができるだけに、きっとJackさんが目利きなのだと思います。

      削除
    2. こんばんは。
      Jackさん、ついに出来上がりましたか。おめでとうございます。
      やはり、高額ですし、なかなかすぐには履きおろすことは出来ないですよね。
      大切に長く履きたい気持ち、わかります。

      さて、先日の阪急メンズ館でペルフェットパターンオーダー会が開催されていましたので、参加してきました。
      代表の島村さんがいらっしゃっていろいろお話をお伺いすることができました。
      そして今回ついに私もオーダーすることができました。
      既製品より割高感はありますが、こちらの無理な要望を島村さんにお伝えしたところ、お答えいただきまして大変うれしかったです。
      私もパラティーノのデザインにしました。
      アッパーはゾンタです。
      ピッチドヒール角度も急でお願いしました。

      また、どうやら、ペルフェットでベルトオーダーを請けるようです。次回のオーダー会からだそうですが、取り急ぎゾンタで作るとおっしゃっていました。
      イルチアやゾンタはそのムラ感が特徴であるため、なかなか合うベルトがありませんでしたが、これでようやく揃えることができますね。
      また、楽しみが増えました。
      私も靴の完成が待ち遠しいです。

      削除
    3. 次々とオーダー報告が上がってきて羨ましい限りです。

      ペルフェットはこれまでイルチアのラディカを上位ラインに使っていた印象がありますが、これからはゾンタが主力になるのかな。
      やっぱりPOするなら細かいところこだわりたいですよね。Jackさんはつま先釘打ち、shimonさんはピッチドヒールと、やっぱりペルフェットはソールのこだわりが充実していますね。

      最近は結構あちこちでオーダー会を積極的にやっているので、一度くらい見に行きたいと思いつつ、最近はもう2ヶ月くらいまともに休みが取れなくてなかなかゆっくり靴を見に行くこともできません。先週やっと靴紐だけ買いに行きました。

      ペルフェット(というかビナセーコー)は3001やシェットランドフォックスのケンジントンのようなコンパクトな丸みがあるデザインも秀逸ですが、やっぱりパラティーノみたいな色気のある形のほうが「らしさ」が出ているので、もし自分がPOするならカンピドリオのトウ先メダリオンなしで作ってみたいなぁと思っています。

      ベルトのオーダー情報、ありがとうございます。最近は靴がなかなか買えませんが、ベルトくらいなら買えるかな。

      削除