2015年2月9日月曜日

ビジネスシーンでのド定番「白シャツ」

たまにはちょっと靴以外のことを書いてみます。
靴に関しても素人ですが、ファッション全般素人なので、単純に自分の「思い」を書いてみようと思います。

ビジネスシューズの定石がストレートチップ(キャップトウ)であるなら、シャツのド定番といえばホワイトのセミワイドシャツではないかと思う。ブラックのストレートチップを持っているような人であれば、ホワイトのシャツもワードローブにあるのではないかと思う。
白地ブロードのセミワイドシャツなんて若い人には見向きもされないのかもしれないけれど、そうした若い人たちが高齢者と呼ばれるようになる時代でも、間違いなくこのデザインは残っているだろう。

僕が社会人デビューした時、自分にいくつかのルールを課した。
そのひとつが「クラシックな定番スタイルを心がけること」だった。
真の意味のクラシックということになると、スーツはブリオーニ、シャツはフライあたりになってしまうので、全体のトーンをクラシック志向にしていただけなんですが。

靴であればブラックのカーフで作られたグッドイヤーウェルテッド
シャツであればホワイト無地でコットン100%
タイはシルク100%ネイビー系のストライプとエンジのレジメンタル
スーツはネイビーとチャコールグレーの無地3つボタン(当時は3つボタンが主流)でウール100%
ベルトや靴下、カバンはすべてブラックで統一

いま思えば靴のチョイスが少し甘い(本来であればストレートチップのみ買うべきだった)けれど、自分なりのルールを決めてセンスを確立したいというのが強かった。
よく言われる「型破りなスタイル」というものは、型ができている人がさらにその上に到達する状態であって、破るべき型がなければ「形無し」か、せいぜい「型崩れ」になってしまう。

そんななかでももっとも重要なこだわりだったのがホワイトのシャツ。

僕は入社して最初の1年間は白いシャツ、なかでもブロードかピンポイントオクスフォードしか着ないと決めていた。
ホワイトのシャツはタイとスーツを選ばない。逆に言えばタイとスーツの関係をより明確にする。これまでタイとスーツを身につけるような機会が無かった僕は、まずは全体のトーンを決めるこのふたつについて自分なりの型を作りたかった。それまでスーツを来たことがなかった僕にとって、組み合わせはシンプルな方がいい。
ホワイトのシャツばかり揃えれば、きちんと洗濯とアイロンがけをしているという前提であれば、手持ちが少なくてもあまり少ないように見えないというメリットもある。色違い、デザイン違いばかりを揃えるからかえって少なさが目立つ。(「あ、それ一昨日も着てたよね!」)

ホワイトのシャツは正装で、ビジネスには薄いブルーあたりが合う、なんて記事をたまに見かける。これは真のクラシックという意味ではそうなのかもしれないけれど、ここは日本。ワイシャツの語源はホワイトシャツという話もあるくらいで、ビジネスシーンのド定番はホワイトのシャツ。TPOのPを意識したら、新人はホワイトシャツ以外の選択肢は無いと思っていた。(いまでもそう思っている)

シャツは靴と違って方向性のバリエーションが大きい。

前立や襟の内側だけ色が変わっていたり、ボタンホールやボタンを留める糸が色違いだったり、襟が極端に大きかったりと。
で、なぜかそういうデコラティブなものが「格好いいい」と思われる傾向にある。

侘び寂び文化である日本人の感性からすれば見た目の派手よりも、伝統に裏打ちされた形や素材の質感や肌触り、それらが織りなすドレープの美しさといった、引き算をし尽くしてもなお残る良さが求められてもおかしくないのに、いまは何かを付け加えた足し算デザインのほうが評価されるきらいがある。

確かに僕自身、中学生くらいの頃はわかりやすい差別化に憧れていた時期もあったのは事実。でもやっぱり大人になるに連れてそういう差別化が逆に恥ずかしくなって、むしろ「同じようだけれどなにか違う」という素材とか、作りなどのちょっとした差別化であったり、自分にあったサイズ、フィット感や着やすさのほうを好むようになった。

ホワイトのシャツと一口に言っても、生地(織り)によって表情ががらっと変わる。
ブロードと高番手ツイルはドレス寄りなので、きっちりした場所に出るときのためワードローブに欠かせないし、ピンポイントオクスフォードやドビーストライプなどはビジネスシーンに使いやすい。
オクスフォードや鹿の子になるとボタンダウンでざっくりと着こなすのに向いてくる。夏にシャツがベッタリというのも少ない。

もし僕がホワイトシャツを3枚だけ選べと言われたら、次の組み合わせになると思う。

・ 高番手ツイルのセミワイドカラー
・ ピンポイントオクスフォードのセミワイドカラー
・ ドビーストライプのセミワイド若しくはウインザーカラー

高番手ツイルはドレープもきれいに出るし、ブロードより透けない感じがするので主にドレス・ビジネス兼用。ピンポイントオクスフォードはビジネスド定番。全年齢層に受けがいい。ドビーストライプは無地のスーツに合わせると映える。

いまは、僕は靴とは違ってシャツは少しだけ冒険するので、ピンクのクレリックとかブルーのストライプを着る。僕の職場はオフィスカジュアルまでOKなので、この程度は許される。ただ、お客様先に出向くときはホワイト系のシャツが多くなる。この辺り、歳とともにTPOの塩梅が掴めてきたことと、自分の会社の社風などを踏まえてシャツを選択するようにしている。

最近のお気に入りは「土井縫工所」(通称土井シャツ)

ここのダーツモデルはややタイトな作りで、締めるところを締めている。そして袖(裄丈)がちょうどいい長さなのが気に入っている。

日本製のシャツは丁寧な作りのものが多いとは思うけれど、どうしてなのか全て袖が短い。コンブリオや鎌倉シャツの上位ラインはつくりや素材感は気に入っているのだけれど、袖が短くてスーツに合わない。スーツから少しシャツを出すには、ボタンを止める前の段階である程度ゆとりがないと長さが足りない。

土井シャツのレギュラーモデルは日本製生地(敷島綿布)を使って日本で縫製している。本縫い、ガゼット、白蝶貝ボタンといった本格仕様で約7千円。

素材の敷島綿布は他のブロードよりも気持ちしわになりにくいかな。同じブロードなら鎌倉シャツの新彊綿よりははるかにアイロンがかけやすい。織りでいうなら刷毛目のシャツはすぐにしわが伸びるので、朝忙しい時にアイロンがけしなければならない時などは結構重宝する。襟や袖口の芯地も鎌倉シャツよりは耐久性が高い。洗濯を繰り返してもアイロンがけで結構ハリが出る。2年くらい前からはほぼビジネスシャツは土井シャツで買うようになってしまった。(それまでは鎌倉シャツが多かった)

土井シャツも鎌倉シャツもどちらも良いシャツだと思う。全体的なイメージで言えば、かっちり系の土井シャツに、ふんわり系の鎌倉シャツという感じ。

ただ、土井シャツはかっちりと言っても、アームホール、ヨーク、背中のダーツが立体的に縫われていることが分かる。単にベタッとアイロンをかけると生地が余ってしわになるので。日本製の生地を日本国内でていねいに縫製しているという個人的にはドンピシャのシャツメーカー。

シャツは靴よりもはるかに耐用年数が短いので、思い切って高いものを買ってみようかと思いながらも、やっぱり適度なプライスで安心して買うことができるところばかりを買ってしまう。靴ならば3万円辺りに大きな境目があるような気がするけれど、シャツは5,000円位にあるような気がする。この辺りから貝ボタンだったり、伏せ縫いだったり、生地の番手が上がってくる。逆に1万円を超えてくるとさらに高番手になり肌触りは良くなる一方で、取り扱いに気を使うようになる。シャツは1回着るごとに洗うものだから、あまり深く考えないで洗濯できるものが僕の好み。また、買い替え頻度がいちばん高いものだからこそ、定番をいつも買うことができるいう安心感を重視している。

なんだかんだで定番と言われているものは飽きが来ないし、何年か経って昔の写真を見る機会があっても恥ずかしくない。たまに冒険しない人生はつまらないけれど、クラシックなモノに囲まれるほうが自分には合っている気がする。

6 件のコメント:

  1. 以前、服の記事をリクエストさせていただきました。リクエストに応えていただきありがとうございます。

    私も土井シャツを着ています。最近はカンクリーニでオーダーしています。カンクリーニの艶を体験したら敷島綿布に戻れそうにありません。

    ネクタイの記事もリクエストさせていただきます。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      リクエストいただきましてからだいぶ経ってしまい、申し訳ありません。
      靴と同じように、着ているシャツのディテールを書こうと思っていたのですが、何やらよくわからない内容になってしまいました。

      カンクリーニお持ちなんですね。私も土井シャツのホームページをみては、いつか一着くらい欲しいなぁと思っています。200番手のツイルなんて相当ドレープきれいそう。以前鎌倉シャツの300番手を買ったことがあるのですが、まるでシルクのような艶と肌触りで、コットンの真の実力を垣間見た気がしました。きっとカンクリーニもそんな(それ以上?)の生地なのでしょうね。敢えてブロードを買ってもいいかもなど、想いだけが先行しています。あぁ、ますます欲しくなってきました。

      一方で敷島綿布は少し硬めの仕上がりですね。これはこれでアイロンがけが楽なので個人的には重宝しています。実用重視なところが靴でいうところの国産キップに通じるような気がします。

      ネクタイのリクエスト、ご期待に沿える内容になる自信もありませんが、書き始めてみようと思います。相も変わらず公開がいつになるかわかりませんが首を長く長くしてお待ちいただければ嬉しいです。

      削除
  2. リクエストに応えていただきありがとうございます。

    私は50オンス無地の紺と茶しか持ってません。

    どんな拘りがあるのか今から楽しみにしています。

    返信削除
    返信
    1. タイはソリッドとレジメンタルが好きです。

      私もベースは紺が多く、次いでエンジ。この二つで8割を占めると思います。
      正直タイは(も?)あまり詳しくなくて、最近は5,000円から10,000円前後を毎年数本くらい買って過ごしています。

      50オンスの茶色無地はいいですね。以前、ファッション関係の友人が「こういうタイをしている人がいたらハッとする」と言っていたのがやや金色に近い茶色のソリッドタイでした。

      削除
  3. ペルフェットのページに続きお邪魔致します。
    私は新入社員の時の東京シャツ(ブリックハウス)に始まり、紆余曲折して今は鎌倉シャツを愛用しております。
    鎌倉シャツはコストパフォーマンスも抜群で着心地が良くしっかりした作りですが、反面アイロン掛けは非常にタフな労働を強いられる為、他に良いメーカーが無いか探しておりました。
    以前土井シャツに関する情報を見て気になっていましたが、師匠のレポートを拝見してとても興味深く惹かれております。
    鎌倉シャツのもう1ランク上の上質シャツとして購入を検討してみたいと思いますが、アイロン掛けは結構楽出来ますか?
    また、どうやら人よりも腕が長く首が細い様で、鎌倉シャツでも38/84を着用しておりましたが、正直首回りがまだ大きく、袖丈も微妙にデザイン毎に差があり定まらず悪戦苦闘しております。
    土井シャツのサイズ感や耐久性など、もう少しご感想をお聞かせ頂けますと幸いです。

    返信削除
    返信
    1. 土井シャツは敷島綿布のモデル(ふつうのモデル)しか購入したことはありませんが、ブロードでの比較では鎌倉シャツの新彊綿よりアイロンがけはし易いです。しわが伸びやすいのと、袖口のフワつきが少ない気がします。ドビーストライプやクレリックで使われているエンドオンエンド(刷毛目)になるとさらにアイロンがけが簡単です。

      鎌倉シャツのスリムフィット38/85と土井シャツのダーツモデル38/85を比べると、胴回りや腕周りは土井シャツのほうがタイトです。結果土井シャツのほうがアームホールが小さいのか、着用時に袖は若干短く感じるかもしれませんが、スーツのなかでも収まりがよく、身長170cmの私でスーツから1cmちょっと出て手首で収まりちょうどいい感じです。手首周りも少し小さめです。ただ、この印象は2、3年前の鎌倉シャツとの比較です。

      芯地が少し硬めで、首周りの収まりも良いと思います。総じてややカッチリしたシャツなのでクラシック寄りのスーツに合いそうです。一方、夏向けのIce Cottonを始めとするやわらかなボタンダウン系は鎌倉シャツに軍配が上がりますね。(鎌倉シャツはタイもいいですね)

      耐久性については、ブロードで比較すると毛羽立ってくる感じは土井シャツのほうが控えめです。ボタン付けや縫い糸の処理なども値段の差はある気がします。購入時に1000円ほど追加にはなりますが袖の長さを伸ばすこともできるようです。

      土井シャツについては今度改めて靴と同じような感じで書いてみたいと思っているのですが、「シャツもいっぱいあるでしょ」と言われているためこれまたいつになるやらです。

      削除