2013年12月22日日曜日

雨に降られた靴をケアしてみた - Shetland Fox Inverness -

僕はあまり天候を気にせず靴を履くので、たいていの靴は何度か雨に降られている。
先日は雨に弱いと言われる仏アノネイ社ボカルーをアッパーに使ったインバネス3029SFが雨に降られた。
雨(というか水)に弱いと言われるアニリンカーフだけに、降られた直後のアッパーは情けないくらいに雨ジミが目立っている。

あえて靴にダメージを与えるような履き方をする必要は無いけれど、やっぱりお気に入りの靴はそれを履きたいときに履きたいわけで、余程の大雨でない限りは気にしないで履いてしまう。「雨の日は脱いで小脇に抱えて裸足で歩く」ような靴は僕にはもったいない。

このボカルー、濡れて水ぶくれになるのは百も承知。でもきちんとお手入れするとほとんど元に戻ることもわかっている。今回も適当に乾かしてお手入れしたら元に戻ってしまった。

濡れた日は表面の銀面を痛めないように、軽くティッシュで水分を拭き取っておくだけ。2日ほど経ってからブラッシングで表面の汚れを落としてから雨や泥水を落とす意味も含めて堅く絞ったタオルで軽く拭う。
拭きとった直後。
アニリンカーフは水に弱いので、水気のあるタオルで拭き取ると結構色がタオルに移る。ブラックのクリームを入れるのであまり気にしていないけれど、ひょっとしたらこの工程は革に良くないのかもしれない。
拭きとった後はボカルーお得意の透明感のある鈍い艶感がなくなり、かなりさらっとした表情になる。この時点でクリームもかなり落ちてしまっている感じ。透明感の維持ということだけ見ると濡れないまま維持し続けた場合と差が出るのかな。

拭った直後、今回はサフィールノワールのレノベイタークリームを入れる。デリケートクリームでもどちらでも良いのだけれど、少し保湿しやすいかなという気分の問題。
レノベイタークリームはモゥブレイのデリケートクリームと同じラノリンをベースに、ミンクオイルと蝋が加えられている。これ単独でもお手入れ十分なクリーム。

レノベイタークリームを塗ってブラッシング。あまり強烈な艶はないけれど、上品な雰囲気に。革の素材感を活かした仕上がりなのでこれはこれでありだなぁ。長期保管するような場合はこれで十分なんじゃないかと。

次の日にソールにコンディショナーを塗って、いちばん濡れて油が抜けたと思われるソールを保湿。その後サフィールノワールクレム1925ブラックでアッパーの仕上げ。濡れたり水拭きで落ちた色を補色する感じで。すでにクリームはレノベイターが入っていると思うので、ここはいつもどおり超薄塗り。シワの部分は塗るというよりはていねいに指で上から押し込むような感じ。
塗り終わったらシワの部分のクリームを落とすことと、革の繋ぎ目にもある程度クリームが入るように軽くブラッシング。
しばらくおいてからネル生地でひたすら磨く。余計なクリームを落とすというよりはどちらかと言うと艶を出すためにやっているので、気が済むまでやって終了。

雨ジミがほとんど目立たなくなって、ボカルーのいい感じの艶感が復活。
ちょうどきれいになったことだし、今年はもう出番ないかな。

よく見ると雨ジミ残っているのだろうけれど、それも含めて靴の魅力が増えていくと(勝手に)思っている。新しい靴では得られない靴の奥行きを出すのに雨が手伝ってくれていると思えば、雨に降られるのも悪くない。



--------
雨に濡れたあと乾かすと革が硬くなる。こういう時はクレム1925のような油性のクリームより、レノベイターのような回復系のクリームが重宝する。いいクリームだと思うけれどなぜかあまり話題に上がらない。

0 件のコメント:

コメントを投稿